長い間綺麗な花が楽しめる!ゼラニウムの育て方

ゼラニウムの育て方となりやすい病気を確認しよう

長い間綺麗な花が楽しめる!ゼラニウムの育て方

植物

ゼラニウムの基本的な育て方

ゼラニウムは多年草で春から秋にかけて咲く花ですが初心者向きの植物です。真夏と真冬以外花が咲き、独特の香りがするため香りが苦手という人もいますが、その香りの影響か虫がつきにくいというメリットがあります。
独特の香りはハーブの香りで好みがわかれますが、葉には模様が入っているため花だけでなく葉への楽しむことができます。日当たりがよいところが好きですが真夏の日差しは苦手ですし、霜があたらなければ冬を越すことも可能です。育て方として、できれば真夏は半日蔭に、真冬は室内で育てるのがおすすめです。

婦人

ゼラニウムがかかりやすい病気について

ゼラニウムのかかりやすい病気は、褐斑病と灰色病です。
褐斑病は春~秋に多く発症しゼラニウムだけでなく草花や野菜・果樹がかかりやすく、葉っぱに小さな褐色の斑点ができて、進行すると褐色の斑点が全体に拡大していき枯れてします病気です。高温多湿で風通しの悪い場所が病気を引き起こし、進行を進めていきます。
灰色カビ病は植物の葉や茎に病原菌が寄生します。菌の名前はボトリチス菌というい名前で、灰色カビ病は別名ボトリチス病とも呼ばれています。低温多湿の環境では菌の活動が活発になり、気温が低めで雨が多いため多湿で日差しが不足がちな、春~梅雨時期または秋のはじまり~冬のはじまり頃まで多く発生します。

ぺラルゴ二ウムとゼラニウムの違い

咲く時期や花の咲き方が違う

ぺラルゴ二ウムは春から初夏に咲きますが年に一回しか咲かずに一重咲きが多いです。ゼラニウムは気温が適している環境ならば一年中開花します。一重から八重と品種まであります。

ニオイや花の大きさが違う

ゼラニウムには独特のハーブ系のにおいがありますが、ぺラルゴ二ウムはにおいは弱めです。ただしぺラルゴ二ウムはゼラニウムより大きな色鮮やかな花が咲きます。

広告募集中